GEAR PRO

歯車測定解析プログラム

特長

GEAR PRO rotor:スクリューローター測定プログラム(オプション)

GEAR PRO rotor:スクリューローター測定プログラム(オプション)

スクリューローターは圧縮ポンプですので、歯車と異なり動力を伝達しませんので、歯車ではありませんが、GEAR PROをラインナップしています。測定は、歯面形状設計点群データから作成する諸元に基づいて行います(ロータリーテーブルが必須です)。

<測定項目>
・プロファイル リード  ピッチ 歯先径 歯底径
<測定内容>
・測定位置 測定歯数 測定断面数 公差 など

GEAR PRO worm:ウォーム歯車測定プログラム(オプション)

GEAR PRO worm:ウォーム歯車測定プログラム(オプション)

ウォームギアは、ウォームとウォームホイールとの組合わせで動力を伝達するギアです。そのウォームの測定用のプログラムです。測定は、各種モジュールや基準円直径、ねじれ角などの諸元に基づいて行います(ロータリーテーブルが必須)。

<測定項目>
・歯形/歯すじ/ピッチ/歯先円径/歯底円径
<評価項目>
・歯形・歯形こう配誤差/歯形・歯すじクラウニング
・歯すじ・歯すじ傾斜誤差/累積・単一・隣接ピッチ誤差
・歯溝の振れ・幅/オーバーボール・オーバーピン寸法
・歯厚・またぎ歯厚/歯先円・歯底円直径 など

GEAR PRO bevel:かさ歯車測定プログラム(オプション)

ハイポイドギア測定用
かさ歯車、ハイポイドギヤの基準値に対して、歯面形状の測定及び評価を行います。歯面の基準値はDCOM(オプション)を介して外部から取り込むか、マスタギヤを測定して生成する事ができます。尚、本プログラムは、測定条件によっては、RTなしで測定可能です。

<評価項目>
・測定結果の画面出力及びプリント出力
・歯面形状評価
 測定結果は、テーブル形式やトポグラフィック形式で出力されます。
 マスタギヤ等による歯面形状生成による基準値との比較評価
 マニュアル入力による基準値との比較評価
 グリーソン歯車基準値ファイルに基づく比較評価
・ピッチ/歯溝の振れの評価
 単一ピッチ/隣接ピッチ/累積ピッチ/歯溝の振れ

GEAR PRO bevel:かさ歯車測定プログラム(オプション)
対話方式で分かりやすい緒元入力画面

*グリーソン歯車基準値ファイルに基づく比較評価はGlesason IFが必要(オプション)。

*本インターフェースにより、ベベルギヤ測定プログラム経由でグリーソンのプログラムG-AGE(グリーソンアジア殿提供)とのリンクが可能。グリーソン歯切盤に対し、マシンセッテングの修正量の計算可能。

GEAR PRO involute:円筒歯車測定プログラム(オプション)

すぐば、はすば測定用(内歯・外歯)
歯車の諸元データを入力するだけで、自動測定が可能です。
操作は対話方式で行われます。
本プログラムはロータリーテーブル無しでも測定できます。

<測定方法>
・CNCによる全自動測定
・測定項目の任意選択(歯形/歯すじ/ピッチ)
・歯形/歯すじ測定歯の任意選択(1歯~4歯/全歯)
・測定歯面の任意選択(右歯面/左歯面/両歯面)

<評価項目>
・歯すじ及び歯型:総合誤差、形状誤差、角度誤差、クラウニング
・ピッチ:累積ピッチ誤差、単一ピッチ誤差、隣接ピッチ誤差
・歯溝の振れ

<トポグラフィー評価(オプション)>

<測定シミュレーションの実行(オフライン機能)>

GEAR PRO involute:円筒歯車測定プログラム(オプション)

精密測定機器について

お問い合わせ・資料請求