ロンコム NEX Rs/NEX Rs α

Z軸・R軸・T軸の高精度表面粗さ測定が可能
省力化を加速する真円度・円筒形状測定機

特長

豊富なラインナップと多彩な機能、優れた省力化オプションで
あらゆるワークピースを手間なく測定できる

2014年のリリース以来、市場のニーズにお応えしながらたゆまぬ進化を続けてきた東京精密のRONDCOM NEXシリーズ。その豊富なラインナップや多彩な測定機能、優れたメンテナンス性を継承しつつ、2つの省力化オプションを搭載できる最新鋭の真円度・円筒形状測定機、それがRONDCOM NEXです。省力化オプション「AFD(測定力コントロール検出器)」「XY軸自動ステージ」の搭載により、これまでオペレータが手動で行ってきた工程を自動化し、測定効率を格段に高めることができます。

1台3役の真円度・直径・表面粗さ測定機能とセレクタブルな仕様で
さまざまな測定ニーズに対応

rondcomnex_rs_rsa_01

真円度測定は勿論、シリーズ共通機能の高精度直径測定、さらに NEX Rs/Rs αシリーズであれば表面粗さの測定も可能。 加えて、最大積載質量(30/60 kg)やコラムサイズ(300/500/900 mm)、 アライメントや検出器姿勢変更の方法(手動/自動)など、ニーズに応じて さまざまな仕様を選択いただけます。単なる真円度・円筒形状測定機に 留まらない多彩な機能とセレクタブルな仕様で、あらゆるご要望にお応えします。

省⼒化オプション AFD(測定⼒コントロール検出器)

rondcomnex_rs_rsa_02

AFD(測定⼒コントロール検出器)は、測定⽅向や測定⼒のソフト ウェア上での自動調整を可能にします。これにより測定ワークの外径・ 内径を自動で測定できます。また切り⽋きワークの測定時には、フロン トトラベルを自動調整し、スタイラスの落ち込みを防ぐことができます。

多数箇所・多数個の測定を劇的に効率化
省⼒化オプションXY軸自動ステージ

rondcomnex_rs_rsa_03

多数個のワークピースを測定する場合、一般的なテーブル回転 型の真円度・円筒形状測定機では、1つ測定するたびにワーク ピースを何度も置き替えなければなりません。一⽅RONDCOM NEXシリーズであれば、共通オプションのXY軸自動ステージを 搭載することで、ステージ上の多数個のワークピースを一度に 段取り替えなく測定できます。オペレータの労力を最小限に抑え、 測定のタクトタイムを短縮できる「省⼒化」オプションです。

ラインナップ

表面粗さ測定対応機
RONDCOM NEX Rs

  • 最大積載質量: 30 kg
  • 最大測定高さ: 300/500 mm
  • アライメント: CNC
  • 検出器姿勢変更: マニュアル/CNC
  • タイプ: 測定部・データ処理部一体型(DX2)
        /測定部・データ処理部一体型(SD2)
  • 表面粗さ測定に対応

表面粗さ測定+高重量ワークピース対応機
RONDCOM NEX Rs α

  • 最大積載質量: 60 kg
  • 最大測定高さ: 300/500/900* mm *SD2タイプのみ
  • アライメント: CNC
  • アライメント: CNC
  • タイプ: 測定部・データ処理部一体型(DX2)
        /測定部・データ処理部一体型(SD2)
  • 表面粗さ測定に対応

精密測定機器について

お問い合わせ・資料請求