ZEISS ACCURA®

航空機や建設機械関連などの大型部品の⾼精度測定に対応したサイズバリエーションをラインナップ

特長

⼤型ワークに対応した測定範囲 (X/Y/Z:900/1200/800 ~ 2000/4200/1500 mm)を確保

はんれい岩の80 倍もの熱伝導率を持ち、温度変化によるゆがみを最小限に抑えるCARAT(Coated Aging Resistant Alloy Technology)素材のX 軸、Z 軸ガイドは長期に安定した精度を維持

F.I.Technology(Foam Insulation Technology)

F.I.Technology(Foam Insulation Technology)
  • 革新的な高性能断熱材を開発
  • 最小限の厚みで断熱効果の高いF.I.Technologyの素材をブリッジカバーやコラムハウジングカバーに採用
  • メンテナンス性に優れたデザインにも注力
  • 現場に近い環境でも要求精度を保証
F.I.Technology(Foam Insulation Technology)
  • 温度保証の基準値を20℃~ 26℃の範囲で設定ができ、その設定値に対して± 2℃の範囲でE0, MPE =1.2 + L/350 μm の精度保証(ACCURA 9/12/8、9/16/8 の例)

MASS(Multi Application Sensor System)

カールツァイスのアクティブスキャニング技術を結集したVAST XT goldプローブを標準装備。更に、VAST XTR goldやVAST goldにグレードアップも可能です。
また、RDS+VAST XXTを搭載することもでき、ViSCAN(オプチカルオートフォーカス カメラプローブ)やLineScan2(非接触ラインレーザプローブ)の追加も可能です(オプション)。ワークの大きさや測定効率に合わせて幅広いプローブよりお選びいただけます。

High Dynamics Package (オプション)

High Dynmics package を追加することで、移動速度(ベクトル方向)最大800mm/sを実現しました。(X2000タイプは標準付属)
高速運転することにより、測定時間を大幅に短縮し、測定の効率アップが図れます。
高速移動時の安全性を考慮し、レーザスキャナーによる安全機構を採用。高速移動中に、万が一、ハザードゾーンに人が侵入した場合、自動減速します。また、ハザードゾーンの侵入がなくなったことを自動認識し、高速移動を再スタートします。
(レーザスキャナーは、本体サイズにより取付位置及び数量が変わります)

ダイナミックパッケージ(オプション)
レーザスキャナーで、ハザードゾーンを生成します。
ダイナミックパッケージ(オプション)

精密測定機器について

お問い合わせ・資料請求