ザイザックス AXCEL RDS(アクセル アールディーエス)

高精度、高速、高耐環境性と多彩なプローブシステムを兼ね備えた三次元座標測定機のグローバルスタンダード

部品の高精度化に伴う高精度測定や、検査に要する測定時間の短縮、スループットの改善、複雑形状部品の測定など、あらゆる業界において、測定機器への要求は一層拡大し続けています。XYZAX AXCEL は、高精度化、高速駆動、温度保証範囲拡大を実現。
さらに、用途に応じて多彩なプローブシステムを選択でき、あらゆるアプリケーションへの対応が可能です。

東京精密がお送りする新たなるグローバルスタンダードXYZAX AXCEL が、拡大する多種多様な測定ニーズにお応えします。

特長

クラストップレベルの高精度

最大許容長さ測定誤差
 E0, MPE:1.8 + 3L/1000 μm*
XYZAX AXCEL は、新開発の高剛性ブリッジの採用と、Y 軸ガイドを上下左右4方向からエアパッドで支持する新構造により、クラストップレベルの高精度を実現しました。
*温度条件:18℃ ~ 22℃

駆動機構の見直しにより実現した、驚異のスピード

駆動速度 最大 700 mm/sec
加速度 最大 2300 mm/sec2
各軸の駆動部に、新開発の駆動機構を採用し、高速かつ安定した駆動を実現。
従来のベルト駆動から、新開発駆動方式に変更することで運動性能が大幅に向上しました。
この新開発駆動機構により、駆動速度64% アップ、加速度35% アップのハイスピードを実現(当社従来機比)。
測定に要するトータル時間を短縮でき、測定効率を大幅に向上します。

各段に向上した耐環境性能

精度保証温度 15 ℃ 〜 30 ℃
X軸ガイドやY軸キャリッジが直接温度変化の影響を受けないよう、新設計のカバーを採⽤。
さらに、温度変化による石定盤の変形を抑える構造も取り入れることで、温度変化による影響を最小限とし、
高精度を維持しながら、精度保証温度範囲を15 ~ 30 ℃*1 と大幅に拡大しました。
この広い精度保証温度範囲により、測定室の温度管理に掛かるコストなどを抑制することが可能です。
 
*1 RDS タイプ標準。PH タイプはオプション

2軸回転式ヘッド RDS、スキャニングプローブVAST XXT 搭載

2軸回転式ヘッド RDS は、水平、垂直のどちらの方向にも、5.0°ピッチで±180°回転するため、最大5,184通りの位置決めが可能。スキャニングプローブ VAST XXT と組み合わせることにより、様々な角度で高精度首振りスキャニング測定を行うことができます。さらに、非接触式ラインレーザセンサ LineScan2の搭載も可能(オプション)。面計測による形状測定のリードタイムを短縮したい場合や、大量の点群データを取得してリバースエンジニアリングを行いたい場合に有効です。

各種プローブ

精密測定機器について

お問い合わせ・資料請求