Meets ACCRETECH NEV e-Motor Solution - 東京精密

NEV e-Motor

電動車用モーター計測ソリューション

HEVやEVなど、電動車の生産比率増加にともない、自動車のユニット構成、その開発・生産の方法は大きく変化しています。特に駆動モータユニット、インバータ、バッテリなどはNEV固有の部品として今後さらなる市場の成長が見込まれます。ACCRETECHはNEVの開発から生産まで変化するお客様のニーズに、最適なソリューションをご提案してまいります。

電動車用駆動モータの生産工程における
三次元計測 - Stator -

NEVは従来の内燃機関に代わり電力で補うまたは置き換えるシステムを搭載した車両の総称です。これらに含まれるMHEV、HEV、PHEV、BEV はいずれも何らかの形でモータをその動力源として活用します。特に、動力を発生させる駆動モータはNEVの主要システム部品として位置づけられ、その開発の加速と生産量の増加は明らかです。 例えば、キーユニットとなるヘアピンステータの生産工程は非常に複雑です。その過程では接触及び非接触センサを搭載した三次元測定機を利用して寸法や形状を管理しています。ステータシートスタック工程では、積層後のねじれや傾きなどの三次元的な評価が重要です。積層された切り欠きのあるコアの内径評価には、その切り欠き部を避けて(飛び越えて)連続スキャニング測定ができる高精度三次元測定機のZEISS PRISMOが最適です。また、ベンディング後の平角線の形状評価には白色光距離センサZEISS DotScanを使用し、皮膜に傷がつかないように非接触でその形状を捉えます。更にステータ組み立て後の高さ・内外径の寸法評価では、アクティブスキャニングプローブ-VASTシリーズ-が正確な値を導き出します。 ACCRETECHは、このようなエレクトリックモータの生産工程向けの最新ソリューションをご提供いたします。

全てを表示

電動車用駆動モータの生産工程における三次元計測 - Stator -

電動車用駆動モータの生産工程における 円筒評価 - Rotor & Shaft -

一般的にモータはステータとロータの間にはわずかな隙間があり、この隙間がより小さいこと、かつより均一なことが特性の良いモータの条件として挙げられます。また、より高性能なモータとする為にはロータを支持するシャフトには更なる軽量化、静粛性、そして高速回転性能が要求され、部品段階での真円度・同軸度・同芯度評価が重要です。ロータ外径やステータ内径の円筒度や同軸度の測定には、三次元測定機や真円度・円筒形状測定機が有効です。例えば、超高精度モデルの真円度測定機 RONDCOM CREST(ロンコムクレスト)の回転精度は、半径方向・軸方向ともに0.01 μmの世界最高クラスの精度を有しており、これらの超高精度部品を測定するための最適なソリューションです。

全てを表示

電動車用駆動モータの生産工程における 円筒評価 - Rotor & Shaft -

モータ生産工程に応じた専用自動測定機

車の電動化はBEV・HEVなどモータのスペックは様々で、部品の製造プロセスも異なります。伝統的な自動車メーカからスタートアップメーカまで、製造システム、ライン構成、自動化の度合いも様々です。ACCRETECHは、ガソリン車向けの専用自動測定機を70年に渡り1600機以上納入してきた技術力で、電動車用モータに於けるあらゆる生産工程に対して最適で柔軟にソリューション提案が可能です。前述のヘアピンステータの測定に於いても汎用測定機にプラスして、絶縁紙挿入からコイル製造・溶接・ワニス工程に至るまで、お客様のニーズに対応した専用カスタム測定機を、接触式、画像解析などの非接触式、電気性能試験などの用途に合った設備をご提案いたします。生産工程全体を一括提案することにより、お客様が複数メーカに依頼する煩わしさを軽減できる上、SPCやトレーサビリティなどデータの一元管理も容易となります。

全てを表示

モータ生産工程に応じた専用自動測定機
Internet Explolerには対応しておりません。
Google chrome等モダンブラウザをご利用ください。