Meets ACCRETECH MEDICAL Solution - 東京精密

MEDICAL

医療機器計測ソリューション

医療機器とは、人若しくは動物の疾病の診断・治療・予防に使用されること、又は身体の構造・機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等を指します。生命にかかわる医療機器には、高い安全性と信頼性が求められ、トレーサビリティが保証された高品質な製品の開発・生産までの計測工程で、ACCRETECHは最適なソリューションをご提案してまいります。

人工関節の鏡面かつ自由曲面を管理する

高齢者の活動性低下を招く下肢関節疾患の治療に適用する人工関節の需要は、世界的に高まっています。人工関節は体内に埋め込まれて関節機能を代替するものであり、代表例として人工股関節、膝関節が挙げられます。人工膝関節は、関節自由度が高く複雑な運動を再現するために摺動部形状が生体関節類似の自由曲面で構成されています。この自由曲面を管理するためには、通常の三次元座標測定機の接触式プローブによる点測定ではなく、非接触センサでのスキャニングによる線もしくは面測定が必要となります。ACCRETECHでは人工膝関節の大腿骨コンポーネントのような鏡面かつ自由曲面を非接触かつ超高速で測定できるソリューションとして三次元座標測定機用の白色光距離センサZEISS Dotscanをご提案いたします。

全てを表示

人工関節の鏡面かつ自由曲面を管理する
Source:ZEISS

カテーテル表面の摺動性を管理する

治療系医療機器の処置用機器に分類されるカテーテルは、体内に挿入して、検査や治療などを行うための柔らかい細い管を指します。カテーテルにも様々な種類がありますが、その中でも血管造影や血管内治療を行うものを、特に血管カテーテルと呼びます。多くの血管カテーテル表面は血管壁を通る際の脂肪との摩擦による摺動性の悪化を防ぐためにコーティング処理を施し、滑らかにします。非接触でナノレベルの表面粗さも計測できる白色光干渉顕微鏡Opt-scopeなら、このような表面性状の管理に最適です。

全てを表示

カテーテル表面の摺動性を管理する

血液回路における事故を防ぐ

血液透析療法にも使用される血液回路おいて、回路構成部品の接続部分の不具合から血液漏れや空気の吸い込みが発生し事故につながる危険性があります。チューブと三方活栓間や、回路と採血・充填剤の補液に使用するシリンジ間の接続部も事故要因の一つになります。このような事故を防ぐため各部品の接続部は寸法検査による品質保証が必要です。そこでACCRETECHではより信頼性のある品質保証を可能とする、画像寸法・輪郭形状・三次元測定が一台で可能なマルチセンサ測定機ZEISS O-INSPECTや非破壊で表面・内部を一度に測定できるZEISS METROTOMなどのソリューションをご提案いたします。

全てを表示

血液回路における事故を防ぐ
Internet Explolerには対応しておりません。
Google chrome等モダンブラウザをご利用ください。