株主・投資家とのかかわり

株主・投資家の皆様に東京精密への理解を深めていただけるよう、透明度の高い積極的なIR*¹ 活動に努めています。

ステークホルダーとの関係 テーマ 対話の機会 主な活動結果
透明度の高い積極的なIR活動






 
公正で適切な情報開示






 
(第98期)定期株主総会 議決権行使率:85.5%
機関投資家・アナリスト
取材対応
実施回数:延べ262回
海外投資家向け
カンファレンス
実施回数:2回
個人投資家向け説明会 実施回数: 1回
(web参加者:774名)
決算説明会・記者会見 実施回数:4回

*1IR:investor relations。企業が株主や投資家に対し、投資判断に必要な情報(経営状態や財務状況、業績の実績・今後の見通しなど)を提供する活動のこと。

株主・投資家向け情報開示の考え方

株主・投資家の皆様へ、当社の理解を深めていただくために必要な 事業内容・強み・戦略株主還元などの情報を正確に、分かりやすく、適時、かつ公正にお伝えすることにより、企業の透明性向上に努め、長期的な信頼関係を築いていけるよう努めています。当社は、ウェブサイトでの各種IR情報の発信に加え、株主総会や決算説明会などのさまざまな説明会による株主・投資家・アナリストの方々との直接対話の機会を積極的に設けています。



適時開示や四半期決算などの財務情報の定期的な公表のほか、グローバルに拡大しつつあるESG投資、日本版スチュワードシップコードやコーポレートガバナンスコード改訂の流れを受け、CSR報告書を通じた非財務情報の公表のほか、中期経営目標にESGの取り組み目標も明記するなど、財務・非財務両面での情報公開を心がけております。

今後は、当社が目指すべき姿を財務・非財務両面で多面的にお伝えすべく、「統合思考による報告」を目指しています。