東精ボックス

会社概要

東精ボックス
  • 設立年月日:2001年9月1日
  • 本社所在地:東京都八王子市石川町2968-2
  • 代表者:高野 英明
  • 売上高:1,022百万円(2021年3月期)
  • 従業員数:42名(2021年3月31日時点)
  • 拠点情報:国内4拠点、海外0拠点

事業内容

東精ボックスは“Safety、Comfort and Relief”をモットーに安心してご利用いただける宅配ボックスを通じてより豊かな住環境を提供し、かつ、物流関係には、再配達削減によるCO2排出量の削減と配達員の不合理な負担を軽減することで社会に大きく貢献する事業と考えております。

また、昨今の新型コロナの感染防止策の一つである対面接触を防ぐ、ニューノーマルと呼ばれるコロナ後の新生活様式においても重要性を増す社会的ツールと考えております。
 
弊社ではお客様のセキュリティの向上、操作性向上、及び建物の内装に調和するステンレス製や各種塗装色の仕上げ製品をお客様のニーズに合わせた各種タイプを取り揃え提供しております。
 
個人認証としての非接触型ICカード、顔認証、静脈認証など先端技術を搭載した製品や、扉の自動オープンタイプ式製品などが普及しております。
 
これからも、未来の社会に貢献できるように、より良い製品・サービスの供給に努めると同時にCSR活動にも積極的に取り組んでまいります。
 
従業員教育として、弊社事業の社会的意義の共有や、e-ラーニングによる行動規範、情報セキュリティ、および、ハラスメント教育の全員受講で意識付けを行っております。
 
また、BCP活動を通して、災害時にお客様の装置復旧への早期支援と事業再開の短縮化に取り組んでおります。