環境における基本的な考え方と管理体制

環境の基本理念

東京精密は「地球環境が保全されてこそのものづくり」という考えのもと、「環境基本理念」を1997年に制定しました。この基本理念を表現したのが「環境基本方針」であり、全ての従業員が事業活動において実践するために具体化したのが「環境方針」です。東京精密はこれらの理念・方針に基づき全ての事業活動を行なっています。

環境基本理念

東京精密は、地球環境保全が人類共通の重要課題であることを認識し、開発・設計・生産・サービスの全域において積極的に環境保全に配慮した行動をとる。

環境基本方針

東京精密は、半導体製造装置及び精密測定機器をはじめとする製品の生産、サービスを主とした事業活動において、全従業員が「この行動は地球にやさしいか」を常に配慮し、環境負荷を可能な限り少なくする。

環境方針

  1. 「環境管理委員会」を頂点とする、全職制を軸にした環境管理体制を組織し、揺るぎない環境保全活動を推進する。
  2. 環境関連の法律、条例、協定及び本「環境方針」を遵守し、自主目標を設定して、汚染防止、環境保全に取り組む。
  3. 環境配慮した製品(省エネルギー、省資源、有害物質の不使用)の開発・改善に努める。
  4. 事業活動に伴う環境影響に関する以下の項目等について環境目標に定め、環境パフォーマンスを向上させるために継続的改善を行うと共に内部監査等で見直しを行う。
    1)省エネルギー、省資源、廃棄物の削減・リサイクル等による天然資源の有効利用
    2)有害物質の適正管理と使用量の削減及び代替物質への転換
    3)温室効果ガスの排出抑制による地球温暖化防止
  5. 全従業員に対し、環境保全に関する教育訓練を行い意識の向上を図る。また、協力工場に対しても環境保全活動についての理解と協力を求める。
  6. 事業活動のそれぞれの業務を通じて持続可能な資源の利用、気候変動の緩和や生物多様性保全を始めとした環境保全活動に取り組み、より良い地球環境の実現につとめ、社会の発展に貢献する。
  7. 環境マネジメントシステムの適用範囲は半導体社、計測社の活動、製品、サービス及び事業活動に関係する工場の環境保全活動を対象とする。
  8. この「環境方針」は社内外に開示する。

内部環境監査

 環境管理マニュアルに規定された励行状況を確認するため、年2回の定期内部環境監査を実施しています。毎年の指摘項目を蓄積したチェックリストに基づき、主任監査員をチームリーダーとした2~3名が監査チームを編成し、監査を行っています。監査員は毎年試験を受けて社内資格を更新しており、主任監査員は充分な経験と能力を持った監査員の中から環境管理委員長の任命を受けて指導的立場として監査チームをリードしています。