エコプロダクツ

エコプロダクツ

 東京精密グループの製品は社会が持続的に発展するために高精度・高品質な製品を提供し続けていますが、同時に自社製品の環境に対する負荷を低減することで、持続可能な地球環境の維持にも取り組んでいます。製品開発に対して“東京精密技術標準”*1 により環境負荷低減の基準を定め、“原材料の削減”“運転時の省電力や使用する水・有害化学物質の削減”“製品の部材が含有する有害物質の詳細な管理”など、製品の製造から廃棄までの全てのプロセスで環境への負荷を配慮することを義務付けています。また、生産設備の特性として稼働時間が長く長寿命であることから、ほとんどがお客様のご使用期間に依存する環境負荷の低減に特に注力するとともに、24時間通年運転されるクリーンルームや定温計測室での使用を考慮して製品の占有床面積を縮小したり、使用する圧縮空気やバキュームの使用量削減にも取り組んでいます。
 環境配慮型製品の実現に向けては、開発設計部門、購買部門、生産・製造部門、出荷部門といった直接部門だけでなく、営業部門、管理部門、サービス部門など間接部門も一体となったものづくりを推進するとともに、サプライヤ様をはじめとする社外パートナーとの協力体制も重要です。今後も社内研修等による環境配慮意識の浸透を図るとともに社外パートナーとの協力体制強化に努めていきます。

※1東京精密技術標準(Tokyo seimitsu Engineering Standard):頭文字を採ってTES(テス)と呼ばれています。生産活動関わる開発、設計、製造、生産管理、品質管理、サービス及び環境管理適用する原則を定めた社内規定で、拘束力と強制力を持つ規定・規格・標準・基準・要領等を包括しています。

製品開発時のライフサイクルアセスメント(LCA)

 東京精密では、製品の全ライフサイクルにおける環境負荷への責任を認識し、2016年にCSR推進委員会の技術ワーキンググループ(技術WG)によって製品の製造から廃棄までの各段階における環境負荷をCO2排出量に換算する算定基準(ライフサイクルアセスメント:LCA*2)を統一しました。この方法により求めたCO2排出量を製品開発時の必須評価項目としています。また、同時に現在生産中の既存製品のLCAも行なうことで、従来製品の改良及び開発品や新製品の従来比評価を行なっています。

※2LCA(Life Cycle Assesment):ライフサイクルアセスメントとは、ある製品やサービスのライフサイクル全体(調達、製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用)の各段階における環境負荷を定量的に評価する手法