化学物質管理

 使用及び部材に含有する化学物質について、国内と輸出先地域の法令を遵守するのはもちろんのこと、法規制外の化学物質に対しても自主基準に基づく管理を行うことで、環境及び人への影響を最小限に留めるよう取り組んでいます。

自主基準に基づく化学物質管理

 社内規定で環境を汚染する可能性のある物質を定めており、該当する物質を取り扱う場合は環境管理責任者に全て届け出ることとしています。物質ごとの取り扱い量、保管場所、最大保管量等を把握するとともに、SDS※及び緊急対策用具を備え、不測事態対応のための定期的訓練を実施しています。
 また、有害化学物質(有機溶剤等)の代替を検討し、無害または低害化の検討を進めています。

SDS: Safety Data Sheetの略で「安全データシート」と呼ばれる。化学物質の名称や製造企業名、取り扱い法、危険性や有害性の種類、物性、環境への影響、安全対策、応急対応、緊急時の対策などに関する情報が、化学物質ごとにまとめて記載されている。PRTR法ではメーカー等の企業が化学物質の排出量や廃棄物の移動量を集計し、自治体を経て国に報告することになっていて、SDSの添付が義務付けられている。

特定化学物質管理

 扱っている化学物質のうちPRTR法特定物質の基準量を超えている2物質について届出を提出しています。また、東京都の環境確保条例で定められた適正管理化学物質については、八王子工場において5物質を使用しており届出を提出しています。

製品含有化学物質管理

 サプライヤ様に対し調達部材に含有される化学物質の厳格な管理と報告をお願いする旨の説明会を行い、これまでに400社超にご参加いただきました。
 2016年度よりクラウド・システムを使ってRoHS指令、REACH規則等に対する調査を実施しています。
 計測社製品については2017年7月よりRoHS指令に対応しており、EU地域への輸出については100%適合品を出荷しています。
 半導体社製品は、大規模据付型産業用機器としてRoHS適用除外となっていますが、順次対応を進めています。
 2018年度にはRoHS分析室を設置し、製品の含有化学物質の分析設備を準備し、解析できる環境を整えています。

RoHS分析室