世界中のモノづくりを発展させる使命感と誇りを持って。 代表取締役社長CEO 吉田均

コアテクノロジーを活かし、世界のモノづくりを牽引

 私たち東京精密グループは、1949年の創業から培ってきた精密測定技術を価値の源泉とする半導体製造装置および精密計測機器メーカーとして、これまで世界のモノづくりを支えてきました。自動車、IT、環境、医療といった、社会における主要産業のモノづくりのプロセスに欠かせない機器の開発から製造を手掛けており、その中には世界のトップシェアや国内のトップシェアを誇る製品もあります。自動車、家電、PC、スマートフォンなど、皆さんの身の周りにあって生活を豊かにしている様々な製品の多くに、東京精密の技術が活かされているのです。私たちは、常にその技術を進化させ、より高い精度を追求してきました。世の中に革新的な製品が誕生するブレイクスルーの瞬間。その多くに、当社の技術が詰まった半導体製造装置や精密計測機器が深く関わっています。常に技術革新に挑み、未知の領域に踏み出していくこと。それが当社で働く大きな魅力であり、やりがいと言えるでしょう。

強固な意志と創意工夫が、革新につながる

 これから入社される皆さんに求めたいのは、何かを突きつめ、成し遂げようとする強い意志、それを実現するための創意工夫、そして周りの変化・動きを捉える力です。
 当社の技術開発に、果てはありません。私たちは日々物事を突きつめて考え、モノづくりに没頭しています。それは、その先に実現したいことがあるからです。最後まで諦めずに、自ら考え、進めていく意志があれば、当社ではそれを応援します。
 また、その実現のためには、どのようにゴールに辿り着けるのかを考え、周りを巻き込んだり、やり方を変えてみたりといった創意工夫も重要です。柔軟性を持って自らを変化させ、広い視野と深い考察を持って挑戦することが大事だと考えます。
 もう一つは、外部環境の変化を捉える力です。私たちが日々向き合うお客様のニーズはますます多角化、細分化しています。そのニーズに的確に応えていくためには、お客様の細かい変化や真意を敏感に捉え、潜在的ニーズを探求する意識やセンスが不可欠であり、感覚がフレッシュな若い皆さんにこそ活躍していただける部分だと大いに期待しています。
 自ら考え、自ら仕掛ける。そんな夢や志を持った皆さんを、心から応援してくれる人たちと、それを実現できるフィールドが、ここにはあります。

真のグローバル化に向けてリーダーとなれる存在に

 現在、当社ではアメリカ、ヨーロッパ、アジアに海外拠点を擁しており、売上の60%以上は海外のお客様、または海外に展開している日本のお客様です。世界のモノづくりを支える当社としてもグローバル化は必然の流れです。そのため、当社では真のグローバル化をけん引するリーダーとして、高いコミュニケーションスキルを持った方を必要としています。
 グローバル化とは、ただ単に世界中に拠点がある、外国語ができる社員が多いというだけでは成し遂げられません。国境を超えたビジネスパートナーがどんな価値観を持っているか、その国の情勢や文化も踏まえながら相互理解を深め、信頼関係を築きながら共通の目標を追求していく。その様な真のコミュニケーション力が不可欠だと感じています。
 東京精密グループのモットー「WIN-WIN RELATIONSHIP」を実践し、当社に関わる皆さまと共に成長する。この思いとともに世界No.1の製品づくりに挑み、より豊かな社会を一緒に実現したいと思う方を、心よりお待ちしております。