事業紹介

半導体の事業

最先端の心臓部を 支える。

東京精密は、半導体生産のさまざまなプロセスに、高性能な製造装置を供給し、お客様の高い評価を得ています。
半導体の技術革新により、電子機器が飛躍的に進化し、より便利で快適な社会が構築されています。 最近では、タブレットPCやスマートフォンといった新たな製品が次々と生まれその進化はとどまるところを知りません。これらの電子機器においてプログラムを実行しデータを記録・再生するのが半導体の役割。心臓部である半導体の性能を上げることで、機能の充実・小型化を図ることができるのです。
東京精密は、半導体を製造するための半導体製造装置を提供しています。 プロービングマシンやウェーハ上に形成された多数の半導体を1個1個に切断するダイシングマシン、ウェーハの裏面を研削・研磨することにより、薄くて耐性の強いウェーハをつくるポリッシュ・グラインダなどの製品を通して、豊かで快適な生活に寄与しています。
また、デバイスメーカーと製造装置メーカーの緊密な連携により最適な生産システムを構築し、ウェーハ製造分野及び、テストエリア、アセンブリ分野に加え、フロント・エンド部分であるCMP装置など幅広く、お客様の最適生産システム構築のお手伝いをしています。

計測社の事業

測れないものは、作れない。

あらゆるものの寸法を、超高精度に、しかも高速に測る技術で、世界中の工業を支え続け、お客様から圧倒的な信頼をいただいています。
工業製品は、何度作っても同じものにならなければなりません。「部品が設計通りになっているか?」「製品が全て同一の形状をしているか?」全ての工業製品は『寸法を測る』というプロセスなしには、製品にすることができません。この重要なプロセスを担っているのが、東京精密の精密計測機器です。
東京精密の精密計測機器には、大別して汎用計測機器と自動計測機器があります。汎用計測機器は機械部品の製造に欠かせないもので、三次元座標測定機、表面粗さ・輪郭形状測定機、真円度・円筒形状測定機などがあります。これらは機械部品の製造において重要な寸法・形状・表面の状態を測定するものです。
自動計測機器は、自動車加工部品(エンジン、トランスミッションなど)をはじめとする精密加工部品の品質をサブミクロンの精度で常に監視・制御する測定機器として自動車産業界で幅広く使われているものです。近年では、ハードディスクドライブ用・家電用モーターの精密加工部品の生産にも大いに貢献しています。