統合測定システムTiMS

進化し続ける多彩な解析力・解析領域の拡張

特長

表面粗さ測定・解析プログラム

初心者でも測定できるAI機能を搭載(特許取得済)

測定条件を自動選択する「仮測定モード」、ガイダンスに従って行う「レッスンモード」を搭載しているので、誰でも容易に操作ができます。また、測定に必要なアイコンだけを再配置するカスタマイズ機能が操作性を更に向上させます。

  • 顧客ニーズに応える機能を搭載
    プリント基板の膜厚評価の為の段差・面積測定機能あるいは摩耗評価等、データ相互を比較する重ね合わせ機能等を標準装備しております。
  • 測定データの解析は自由自在
    一度取り込んだデータは、測定基準(直線、前半、後半、R面、両端、スプライン)を変えての再解析、任意の評価範囲を設定しての再解析、規格を変えての解析等々、何度でも再解析が可能です。
  • 全自動測定で測定効率アップ
    コラム下、駆動部、傾斜装置の動作を含むティーチング機能により測定から検査成績書作成までの一連の測定作業を全自動で行うことができます。
測定画面
測定画面
解析画面
解析画面
レッスンモード
レッスンモード
重ね合わせ機能
重ね合わせ機能

16%ルール自動合否判定(JIS2001規格)

16%ルール自動合否判定(JIS2001規格)

粗さ評価パラメータの許容差判定基準に、16%ルール、maxルールが規格化されており、粗さ解析ウインドウで設定することが可能です。16%ルールは、複数基準長さの測定値の内、許容差を越える数が16%以下ならば合格。maxルールは、複数基準長さの測定値全てが、許容差を超えなければ合格。

粗さピーク&バレー機能(オプション)

触針でワーク面をトレースすることにより、コンピュータが最上点(最下点)を検出し、オペレータにその位置を通知します。Y方向の検知は、CNCテーブルと組み合わせることで対応可能です。

粗さピーク&バレー機能(オプション)

輪郭形状測定・解析プログラム

機能と簡単操作を極限まで追求し、さまざまな条件のワークをオペレータを限定せずに誰もが利用できる環境を提供する為、画面のカスタマイズは必要最小限としたシンプルな画面構成です。

将来の画面ワイド化を先取りしたレイアウト設計です。特に輪郭形状測定の場合は、ソフトウエアにおける操作性はもとより、測定自体をサポートする機能が使い易くレイアウトされています。

測定画面
測定画面
解析画面
解析画面
  • ワークトレース機能
    開始点や終了点まで、壁や谷ぎりぎりまで測定する等の測定限界地点を把握したい場合や、穴の中で触針が目視で確認しづらい測定等、測定前に座標トレースを行い測定画面で確認し、その画面上から開始・終了点を指定して測定する範囲を決定することができますので測定の失敗がありません。
ワークトレース機能

寸法線自動出力機能

寸法線自動出力機能

必要な要素の寸法線を予め選択しておけば、計算と同時に寸法線を表示することが可能です。また、計算後に任意の寸法線を追加・移動・削除することも可能です。

カーソル形状認識機能

カーソル形状認識機能

オペレータが任意作成したカーソル範囲を形状データに重ね合わせることで計算します。従来の2クリックのマウス操作を1ドラッグで計算することができます。

計算結果プレビュー機能

計算結果プレビュー機能

自動計算機能がOFFの場合はカーソルに重ね合わせた時点で計算結果、寸法線のプレビューが表示される為、計算結果の確定前に確認できます。また、計算範囲自動拡大が設定されている場合、プレビューで計算範囲拡大の様子が確認できるので、計算、操作ミスを事前に防ぐことができます。

要素計算可能アイコンガイダンス

要素計算可能アイコンガイダンス

計算済みの任意の複数要素から新たな計算を行う場合に算出可能な要素がビジュアル表示されます。複雑な要素間計算の選択も目的に応じて直感的に選択が可能です。

精密測定機器について

お問い合わせ・資料請求