サーフコム CREST Lp

オートフォーカス方式センサにより、接触式では測定の難しい
微細形状ワークや傷付きやすいワークを、接触式と高い相関性で測定

特長

非接触測定機

接触できないワークや触針が入り込むことのできないワークの測定が可能

ISO 準拠

ISO25178-605 に準拠したオートフォーカス式 表面粗さ輪郭形状測定機

触針式と高いデータ整合性

オートフォーカス式を採用し、ワークの反射率や色の影響を受けにくい触針式測定機と高いデータ整合性を有しています。

新開発スキャンモードで高速測定を実現

測定用途に応じて、インデックスモードとスキャンモードの使い分けが可能。幅広いワークに対応します。

測定位置モニタリング機能

CCD を内蔵し、レーザスポットと測定ポイントをリアルタイムで画面表示

広測定範囲

Z:10mm,X:200mmの測定範囲を持ち、大型ワークの測定も可能

先進のソフトウェアACCTeeを搭載

オートフォーカス方式原理

原理の説明1
原理の説明2
レーザー

標準片測定例 (Halle SN6349:Ra = 0.0860μm)

SURFCOM CREST Lp測定
触針式による測定

精密測定機器について

お問い合わせ・資料請求