ステークホルダー・エンゲージメント

あらゆるステークホルダーとのコミュニケーションのチャネルを創出し、WIN-WINの関係を深めることにより、持続的で力強い成長をしていきます。

東京精密グループの事業活動はさまざまなステークホルダーとのかかわりによって成り立っています。このため、事業活動の全てのプロセスにおいて、ステークホルダーとの双方向のコミュニケーションを重視する活動を行ってきました。
ステークホルダーの真のニーズは、真摯なコミュニケーションによってこそ共有できるものであると私たちは信じており、そのためには事業活動のプロセスをつぶさに検証し、そこからステークホルダーに対する影響や責任を明らかにしていくことが必要だと考えています。
これからもステークホルダーとともに成長していくために、この検証を繰り返し、コミュニケーションのチャネルを広く創出し
ていくことで、深い信頼関係の構築を目指していきます。

私たちの仕事は、お客様が社会のニーズに応えて新しい挑戦を行う際に、その手段を提供することです。サプライヤ様やお客様とともに技術開発を行う中で、WIN-WINの関係を構築し成長してきました。また、それらのイノベーションは従業員の能力と情熱によっても支えられてきました。もちろん、新たな先端技術開発への投資は、株主・投資家様や地域社会からのご理解・ご支援に支えられてきたことは言うまでもありません。東京精密グループは、今後もお客様の新しい挑戦を支援する強力なパートナーであり続け、サプライヤ様とのより密接な協働でともに成長し続けるために、従業員の能力開発を進めるとともに、各ステークホルダーとのコミュニケーションの更なる深化を進めていきます。

ステークホルダーとのコミュニケーション