東京精密の会社概要

東京精密は、半導体製造装置、精密測定機器を事業の柱として、アジアを中心に欧州、米州など、グローバルに事業を展開しています。世界中の優れた知恵・情報を融合して世界No.1の製品を創り出し、皆様とともに成長し続けることを目指します。

会社概要

社名        株式会社 東京精密
本社所在地     東京都八王子市石川町2968-2
設立年月日     1949年3月28日
代表者       吉田 均
資本金       10,374百万円(2016年3月31日現在)
証券取引所     東京証券取引所市場第一部
売上高(連結)   70,274百万円(2016年3月期)
経常利益(連結)  13,232百万円(2016年3月期)
従業員数(連結)  1,559名(2016年3月31日現在)
事業所       八王子工場、土浦工場 ほか国内17営業所、
          海外拠点66カ所、国内グループ会社5社等

財務データ(連結)

事業概要

東京精密は、半導体製造装置及び精密測定機器の2つを柱とし、事業活動を行っています。半導体は、スマートフォンや、自動車、航空機など、便利で快適な社会を構成するあらゆる機器に欠かせないものであり、機器の小型化や高効率化といった機能改善、環境負荷低減等の社会要請にも貢献することができる事業分野です。IoTを始め今後ますます成長が見込まれる半導体市場における事業活動を通じ、社会の要請に応えていきます。
精密測定機器は製品製造ラインのさまざまな段階で必要とされる高い計測機能を提供し、ものづくりを支えています。「測れないものは作れない」の考えのもと、今後も高い技術力を発揮し、測る技術でものづくりを支え、社会を支えていきたいと考えています。

製品紹介

半導体製造装置

プロービング・マシン
プロービング・マシンは、ウェーハ上に形成された半導体チップの電気性能テストをプローブカードを経由して、半導体テスタと接続し、実施する装置です。

ダイシング・マシン
ダイシング・マシンは、ウェーハ上に形成された多数の半導体チップを1個1個のチップに切断する装置です。

精密測定機器

三次元座標測定機
直行座標系にスケールを備え、測定物とプローブの位置関係をX、Y、Zの座標として読み取る測定機で寸法、位置、形状、幾何偏差などの評価をします。

表面粗さ・輪郭形状測定機
表面粗さ測定機は、加工された測定物表面の「つるつる」「ざらざら」という感覚の凹凸を定量的に測定し、粗さパラメータ(JIS規格やISO規格)で評価する測定機です。

真円度・円筒形状測定機
真円度測定機は、一般に「丸い」とか「円」が理想の円(幾何学的に正しい円)と比べたときに、どの程度誤差をもっているかを評価します。