企業の黎明期から技術基盤の確立へ(1949~61)

精密メーカーへの前進

東京精密の歴史を紐解くと、戦前から切削工具の生産を行っていた「大起製作所」にたどりつきます。大起製作所は現在の東京都三鷹市(現東京精密本社所在地)にありましたが、1939年に日本電力が買収し、後に東京精密の初代社長となる東島好蔵を社長に迎えて「東京航空器材(株)」と社名を変えました。東京航空器材は第二次世界大戦中、海軍の指定工場として機関銃部品を作るための切削工具を製造販売していましたが、戦後、GHQの許可を受けて民需転換し、「(株)東京機器製作所」となり、ミシン用加工工具の生産・販売を行っていました。これが東京精密の前身となります。その後、世界的にも高名な精密機械メーカー、(株)津上製作所の信州工場の一時閉鎖に伴い、そこに所属していた高城誠(後の社長)をはじめとする技術者を招聘したことによって、町工場から高度な技術を擁する精密工具メーカーへと発展する基盤を築きました。

その後、財閥解体の影響を受けて東京機器製作所は解散し、1949年3月28日、資本金160万円の新会社「東京精密工具(株)」が誕生しました。当社はこの日を創立記念日としています。東京精密工具は汎用工具の生産から精密部品・治具の生産、独自の製品開発へと経営戦略の転換を図りました。折しも、日本経済は戦後の混乱から徐々に立ち直るべく、重工業を中心にその後の高度成長へ向かって歩み始めたばかりでした。自動車をはじめとして多くの産業が新しい技術や製品の開発に取り組んでおり、そのための精密部品や計測機器への需要は急速に拡大していました。

電気マイクロメータが築いた二大事業の布石

技術開発が進み、さまざまな製品が大量生産され始めると、製造工程での測定の必要性は高まります。同じものを大量に作るためには、部品一つひとつの規格化と作業の効率化が欠かせませんが、その部品の寸法のくるいや工作機械の磨耗や劣化による作業効率の低下は生産性に大きな影響を与えます。また、出来上がった製品が規格どおりかどうかを確認するためにも「測る」という工程は不可欠です。

その当時外国製の計測機器を使っていたトヨタ自動車工業(株)は、自動車部品の精密化を図るための計測機器を作ることができる国内メーカーを探していました。自動車の製造工程では、たくさんの部品を高精度で計測し、なおかつそれらの現場に即した計測機器が必要とされていましたが、外国製品は高価で、大量に買い入れることができなかったのです。当社は高城専務(後の社長)と井海健吾(後の専務)を中心に独自の製品開発をめざしており、トヨタ自動車工業(株)に何度も試作の申し入れを行って開発の許諾を得、1952年に国内初の高圧流量式空気マイクロメータの開発に成功しました。この計測機器は、被測定物のチリを高圧の空気で吹き飛ばすことでより精度の高い測定を可能にし、応答速度が早いなどの利点を持っていたほか、現場での使い易さという実用性も高く評価され、当社は精密計測機器メーカーとしての地位を確固たるものとしました。

その後、空気マイクロメータより誤差が少なく、形状測定に最適であるだけでなく、自動制御系への適用がきわめて容易であるという特長に着目して、電気マイクロメータの開発に着手しました。1957年にはこの開発にも成功し、精密測定機器メーカーとしての地位を不動のものにしました。

円筒研削盤用自動定寸装置

電気マイクロメータを使った最初の製品は豊田工機(株)と共同開発した「円筒研削盤用自動定寸装置」です。測定機器としての性能の他に、工場の現場で使用されるため、振動や油などに耐久性をもつ必要があり、これらの課題を解決した1号機が1957年に豊田工機(株)に納品されました。これをきっかけに多くのメーカーから問い合わせがあり、各社の注文に応じた製品を納入することになりました。

産業界がこぞって外国の技術に依存していた当時、自社の技術開発に専念していた当社は、空気マイクロメータ、電気マイクロメータを開発した技術力により、精密計測機器メーカーとしての名声を高め、その後さらに当社は半導体製造装置メーカーへと躍進することになりました。

半導体製造装置メーカーへの進化

世界の半導体製造の歴史は、1947年、米国のベル電話研究所(Bell Telephone Laboratories Inc.)でトランジスタが発明されたことに始まります。それまでの真空管に取って代わるこの画期的な発明は、日本の産業界にもすぐに伝えられ、官民挙げての技術研究が始まりました。1955年には東京通信工業(株)(現ソニー(株))がトランジスタ・ラジオを完成させ、その後の大量生産により、日本は世界最大のトランジスタ生産国となりました。

1950年のテレビ実験放送、1951年の民放ラジオ局の開設など、当時は日本の通信技術にとっての幕開けといえる時代であり、トランジスタ技術の開発がこの進展に拍車をかけることになりました。

当時トランジスタはゲルマニウムを材料としていましたが、1958年に当社は電気マイクロメータを利用した「ゲルマニウムペレット厚さ自動選別機」を開発しました。この製品は、まだアメリカでも開発されておらず、同年のシカゴ国際見本市でも高い評価を受けました。1960年からは対米輸出も開始し、当社は半導体製造装置メーカーとして世界の市場に躍り出たのです。1960年には「日本機械学会賞」を受賞しました。

ゲルマニウムペレット厚さ自動選別機

それまでゲルマニウムペレットの厚さをピンセットで一つずつ測定するという人海戦術を行っていた半導体業界にとって、ミクロン単位の精度でゲルマニウムの厚さを自動的に測定し、それを厚みごとに自動的に分類選別する当社の「ゲルマニウムペレット厚さ自動選別機」は大変画期的な製品でした。

トランジスタ性能自動選別機

また1959年にはトランジスタに電流を流し、トランジスタの電気特性を選別する「トランジスタ性能自動選別機」を開発。「ゲルマニウムペレット厚さ自動選別機」とともにわが国のトランジスタメーカー全社に納入され、当時の当社の総売上のほぼ半分を占める製品に急成長し、半導体製造装置メーカーとしての当社の名声を高めました。